挑戦するのに年齢制限のない遺品整理士

また、遺品整理士の資格に注目が集まる理由に「年齢制限」があります。

一般的に、趣味の資格でない限り、多くの資格には「年齢制限」があります。

「この資格を取りたい」、「こんな仕事をしたい」と思っても、年齢オーバーしていると、その時点でチャレンジすることはできなくなってしまいます。

しかし、遺品整理士は基本的には年齢制限がありません。

何歳でも、希望があれば勉強をして資格取得にチャレンジすることができるのです。

先にお伝えしたように、日本は超高齢・人口減社会が進んでいます。

昔のように「老後はゆっくり過ごす」なんて言ってられなくなっているのです。

昔で言う「高齢」が現代では「現役」です。

「長生きのリスク」と言われるように、長生きをすればするほどお金がかかります。

そのため、第二の人生のために新たな資格を取る人が増えています。

その新たな資格の一つが、年齢制限のない「遺品整理士」なのです。